プレスリリース

Baidu.jp プレスリリース

報道関係各位

2018年08月02日

訪日中国人客、買い物は銀座・心斎橋で!情報収集時期は旅行1か月前から2週間前が63%
~直近1年以内に日本旅行で買物をした北京市、上海市在住の中国人1,099人を対象 訪日中国人観光客の買物実態に関する調査結果(抜粋)を発表~

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Charles Zhang、以下、バイドゥ)は、直近1年以内に日本旅行で買物をした北京市、上海市在住の中国人1,099人を対象に、訪日中国人観光客の買物実態に関するアンケート調査を実施いたしました(調査時期:2018年4月18日~5月7日、有効回答:1,099サンプル)。その一部を抜粋して発表するとともに、全調査結果は「第2回訪日中国人客の買物実態調査」レポートとして販売いたします。

<1.背景>

2017年の訪日中国人客数は7,355,800人(前年比115.4%増)で、外国人旅行客全体の26%と最も高い割合となっています。(JNTO,2017年)また、同年の中国人旅行消費額は1兆6947億円で全体の38.4%を占め、1人当たりの平均消費額は23万382円で、全体平均より7万6461円高くトップとなっています。(観光庁,2018年6月)近年、中国を中心に訪日観光をきっかけとした越境ECによる日本製品購買の動きが広まっており、観光庁が2018年6月に発表したレポートによると、取引規模は約3500億円と推計しています。越境ECでは、中国人消費者による日本事業者からの越境EC購入額は前年比25.2%増の1兆2978億円(経済産業省,2018年4月)と発表されています。

中国人消費者のインバウンド消費、越境EC消費の高まりをうけ、中国人WEBマーケティング施策は、日本にいながら実施できる中国ビジネスとして企業からのニーズが高まっており、インバウンドでは店舗対応、越境ECでは購買サイトでの対応とそれぞれ基礎的な施策・対応が必要になります。一方で、中国人消費者に商品認知をしてもらうというプロモーションの観点では、インバウンド施策、越境EC施策を分けて考える必要はなくなったと言えます。旅前・旅中・旅後を問わず、いかに中国人消費者に自社の製品の魅力を伝え購買につなげていくかが重要なフェーズに入ったといえます。

バイドゥでは、インバウンド、越境ECなど中国人を対象としたビジネスを展開する日本企業様に対して、百度リスティング広告、百度アドネットワーク広告、百度インフィード広告、百度グループのiQiyi(愛奇芸)、Ctrip(携程)などのウェブ広告サービスを提供しています。中国人消費者に向けたアンケート調査を実施することで、プロモーションにおけるターゲティング設定をより具体的に設計することが可能だと考えています。

<2.調査結果(抜粋)>

①買物時間が長かったエリア
<関東エリア>
一番買い物したエリアは東京都で、中でも銀座での買い物時間が長い。他、「東京駅」「横浜」「TDL/TDS」が上位に挙がる。団体・ツアー旅行者では4位に「浅草」、個人旅行者は5位に「新宿」が挙がる。

<関西エリア>
一番買い物したエリアは大阪府で、中でも心斎橋での買い物時間が長い。他、「大阪駅」「京都駅」「神戸市」が上位に挙がる。個人旅行者では「道頓堀」が2位となっている点が目立つ。

調査結果①

②訪日旅行のうち買い物に費やした時間
旅行準備時間の2割弱を「買い物リストの作成や買い物に関する情報収集、予約」に費やしている。買い物に関する情報収集を始めた時期は、全体では「旅行出発の2週間前」(35%)、「1カ月前」(28%)、「直前~1週間前」(23%)の順。

調査結果②

③越境ECではなく、日本旅行時に日本製品を買う理由
実際の商品を見て、偽物ではないことが確認できることが全商品ジャンル共通の理由。

調査結果③

【ソース】
平成30年版観光白書について(概要版) 観光庁平成30年6月
http://www.mlit.go.jp/common/001237304.pdf
電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~(経済産業省、平成30年4月25日(水))
http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001.html

<3.調査概要>

調査目的: 訪日中国人観光客の買物実態の把握
調査内容: 訪日旅行中の買物実態について
調査対象: 男女20歳以上
上海市、北京市の居住者
直近1年以内に日本旅行で買物をしたことがある
※Baidu調査モニター会員(中国本土に約1,700万の調査会員を保有)
調査方法: インターネットリサーチ(設問数:44問)
調査時期: 2018年4月18日~5月7日
有効回答: 1,099サンプル(性別/年代/居住地/買物エリアで均等割付け)
割付
調査実施機関: バイドゥ株式会社  ※調査委託先:株式会社マクロミル

<4.本調査レポート提供方法>

  • 販売価格:30万円(税別)
  • 販売方法:メールにてお申込み
  • 連絡先:china_research@baidu.com
  • 納品物:調査レポート(PDF)、GT表(Excel)、クロス集計表(Excel)
設問番号 設問
1 あなたの性別・年齢を教えてください。
2 あなたの現在の居住地を教えてください。
3 あなたは日本旅行をしたことがありますか。
ある場合は、直近で日本旅行をした時期をお答えください。
4 一番直近に行った日本旅行でしたことを教えてください。(いくつでも)
5 一番直近に行った日本旅行では、どこで買い物をしましたか。
買い物の時間が長かったエリアを最大3つまで、お答えください。
※買い物は自分用、家族・友人などのお土産など、目的は問いません。
6 関東地方、関西地方で買い物をした方にお聞きします。最も買い物に時間を費やした都府県はどこですか。
※カッコ内に記載している場所は、各都府県の有名な観光地の一例です。
7 日本旅行は、どんな方法で航空券や宿泊施設を手配しましたか。
8 日本旅行に出発する前の準備についてお聞きします。
準備に費やした時間を「100」として、あなたが以下に挙げる項目それぞれに費やした時間の割合を数値で回答してください。
※準備をしていないものは「0」と入力してください。
9 旅行前に準備する買い物リストについて、あてはまるものを選択下さい。
10 旅行前に作成した買い物リストに、どのような商品を入れていましたか。
自分用、お土産用、代理購入用の目的に関わらずお答えください。(いくつでも)
11 買い物リストに入れていた商品ジャンルは、買い物リスト作成時にどの程度まで情報をまとめていましたか。
それぞれの商品ジャンルにあてはまるものを選択下さい。
12 買い物リストはどのように保管していましたか。
また、日本旅行中の買い物では、どのように買い物リストを閲覧していましたか。
13 あなたが買い物リストに入れたとお答えになった以下に挙げる商品ジャンルについて、商品ジャンル全体の情報はどこから集めましたか。
14 あなたが買い物リストに入れたとお答えになった以下に挙げる商品ジャンルについて、具体的な商品(商品名やブランド・メーカー名)の情報はどこから集めましたか。
15 あなたが買い物リストに入れたとお答えになった以下に挙げる商品ジャンルについて、購入できる場所や店舗の情報はどこから集めましたか。
16 日本旅行前の買い物に関する情報収集全体についてお聞きします。買い物に関する情報収集は、どのタイミングから始めましたか。
17 日本旅行出発前の買い物予算額はいくらでしたか。自分用、お土産用など買い物全体でお考えください。
18 日本旅行中に買い物した具体的な地域を、買い物時間が長かった地域から最大3つまで選択下さい。
19 先ほどの質問で買い物したとお答えになったエリアは、どのような理由で訪れましたか。
20 日本旅行中の観光や食事・買い物などといった『旅行を楽しめる時間』のうち、買い物に費やした時間はどの程度でしたか。
21 日本旅行中の買い物で、最も買い物時間が長かった店舗・施設についてお聞きします。
その店舗・施設の買い物でどの程度、買い物リストにあった買い物を済ませることが出来ましたか。
最も近いものをお選びください。
※ショッピングモールや商業ビルなど、1つの施設に複数の店舗がある場合は、その施設内の買い物でお考えください。
22 引き続きお聞きします。
最も買い物時間が長かった店舗・施設名を教えてください。
※ショッピングモールや商業ビルなど、1つの施設に複数の店舗があった場合、その施設名をお答えください。
23 旅行前に作成した買い物リストに入れていた商品のうち、日本旅行中に実際に買ったものは何ですか。(いくつでも)
24 買い物リストには無かった・または買う予定が無かったが、結局買った商品があれば教えてください。(いくつでも)
25 日本旅行中に高級品(ブランド物)・腕時計・ジュエリーを買った方にお聞きします。
どのブランドを買いましたか。
26 日本旅行時に買ったとお答えになった以下の商品は、どんな理由で越境ECサイト(天猫国際や網易考拉海購、京东全球购など)ではなく、日本旅行の際に買いましたか。
27 日本旅行中の買い物に、特に役だったと思う情報は、どこから得た情報ですか。
具体的なWebサイト名やスマートフォンアプリ、雑誌名などを、役立ったと思う順に、ご記入ください。
28 改めてお聞きします。
日本旅行中の買い物に、特に役だったと思う情報源を以下の中からすべて選択下さい。(複数選択)
29 あなたは、日本旅行中の買い物で、不安に感じたことや困ったことはありましたか。思いつくことをご自由にご記入ください。
30 改めてお聞きします。
あなたは、日本旅行中の買い物をしている際に、不安に感じたことや困ったことはありましたか。
以下の中からあてはまるものをすべて選択下さい。
31 日本旅行中の買い物で、あなたが買ったとお答えになった以下の商品ジャンルの合計買い物金額はおいくらですか。
32 日本旅行中の買い物で、あなたが買ったとお答えになった「高級品(ブランド物)」の合計買い物金額はおいくらですか。
33 日本旅行中の買い物で、「自分用の買い物」と「家族・親戚・友達へのお土産・プレゼント」に使った合計金額をお答えください。
34 では、日本旅行でかかった航空・宿泊料金をお答えください。
※同行者を含めた金額ではなく、一人あたりの金額でお答えください。
35 では、日本旅行中に使った金額をお答えください。
※同行者を含めた金額ではなく、一人あたりの金額でお答えください。
36 日本には何日間滞在しましたか。
37 日本旅行は、誰と旅行をしましたか。
38 日本旅行のために、日本に入出国する時はどの手段を使いましたか。
飛行機を利用した方は、利用した航空会社を選択下さい。
39 過去3年間で何回日本旅行に行きましたか。留学は除いてお答えください。
40 以下の商品の中から、あなたが知っている日本の化粧品メーカー/ブランドをすべて選択下さい。
41 以下の選択肢の中から、あなたが知っているスポーツ用品のブランドをすべて選択下さい。
42 あなたの世帯年収を教えてください。
43 あなたの個人年収を教えてください。
44 あなたと同居している方を教えてください。

バイドゥ株式会社について

中国の検索市場において第1位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(百度)(本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)の日本法人です。2006年12月に設立以降、法人企業さまの中国でのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC対策などをサポートすべく、中国語圏向けのリスティング広告、アドネットワーク広告などのインターネット広告商品を提供するほか、累計3200万ダウンロード(2018年7月時点)を誇る日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」(2011年12月よりAndroid版、2014年9月にiOS版を提供)を提供しています。また、2015年5月より、Webメディア様向けレコメンドエンジンやインターネット広告、スマートフォン広告を提供するpopIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程涛)がグループに加わっています。

本件に関する報道機関からのご質問やご取材のお申し込み先

バイドゥ株式会社 広報部
E-MAIL: pr-jp@baidu.com

Baidu(中国)への広告出稿や調査依頼に関するお問い合わせ先

E-MAIL: china_ad@baidu.com